第3回いわなびまつり


   
2Fエントランスロビーに展示されたペン字サークルの作品


 生涯学習センター 「 いわなび 」 において学習しているサークル団体が、活動の成果を発表・紹介する 「 いわなびまつり 」 が11月6日スタートしました。
二十数団体の手がけた作品が、各研修室やエントランスロビーにところ狭しと展示されています(15日まで)。
 
 書道、絵手紙、短歌や俳句、木彫り、リフォームなどの手芸作品・・・こんなにもたくさんの団体があるのだと、改めてビックリ。
私どものペン字サークルも勿論参加しましたが、割り当てられる展示パネルの数に制限があるため、場所をとる額入り作品の展示を断念し少々残念。

 今回は時期的にも丁度良いかと、展示パネル1枚を来年の干支のイラストなどを配した年賀状に当てました。
地味なペン字作品の中において、カラフルで見た目にもきれいで人目を惹き・・・結構好評でした。
来年からもこの手で行きましょう・・・と、会員口々に・・・満足げでした。   

 3F武道場では、フラダンス、マジック、大正琴、朗読、太極拳等々16団体が、7日午前10時過ぎから午後3時まで、日頃の活動成果を披露。
また1Fでは、パン甲子園マルシェやカレー即売会、子供囲碁体験、キャンドルアート体験等々盛りだくさんのイベントが用意されていました。         

 天候にも恵まれたこともあり、土曜日、日曜日は多くの来場者で賑わい、ひとつひとつの作品に感心しながら見入っていました。

              秋の一日有効に昆布の日