五人組(ウフフの会)

 
バラ園入り口付近で左から   さなえ 律子 好子 富実枝

 北海道在住の日ペン会員の中で、大変気の合った5人組の会があります。
旭川在住の有田翠苑先生(さなえちゃん)、山田紅苑先生(好子ちゃん)、楠本恵鳳先生(律ちゃん)、滝川在住の岩佐露翠先生(ふっちゃん)、それに私(ちこ)。

 それぞれ日ペンでは一流の素晴らしい先生方で、私にとっては憧れであり、良きライバルでもあり、友達としてお付き合いしていただけるなんて夢のようなことでした。
同年代で指導者として同じような立場にあり、生徒たちの前では言えないような悩みや愚痴なども安心して話せる場所となっています。
親しくなった発端は、日ペン北海道講習会の終了後、講師として来られた故三上秋果会長や現会長の田中鳴舟先生方と、この5人組が富良野へ1泊旅行をした時から・・・。
すっかり意気投合して、この5人で来年もまたどこかへ旅行しましょうと言うことになりました。
記憶力の良い好子ちゃん(会の命名者)によりますと、昭和天皇が崩御された年だったそうです。

 あれから5人組の旅行は毎年実現してきましたので、今年28年目ということになります。
20年ほどは毎年5人そろって出かけていましたが、その後皆さん病気になったり体調を崩したり・・・
病気にはなりませんでしたが、今年1月末に私は右手首の骨折。
と、それぞれに色々ありまして、ここしばらくは5人勢ぞろいすることはありませんでした。

 大変うれしいことに、この度は5人全員集合となりました。
スケジュールがいっぱいの先生方ですから、色々大変でしたが7月3日(日)集まりましょうと決定。
今回は日帰りで 「 食事会 」 と言うことにし、長沼町にいくつかあるファームレストランで私の一番お気に入りの所へご案内することに。 

 ズーッと好天続きでしたのに週末から雨の予報。
傘をさして歩くのは嫌だし、食事だけで解散するのは勿体ないし、つまらない・・・どうしようか・・・と。
ところが当日・・・前夜の風や雨も止んでホッと胸をなでおろしました。 やっぱり私は晴れ女。
JR岩見沢駅で待っていますと、10:00皆さんはじけるような笑顔で大きく手を振って改札口へ向かって来られました。

 駅前から私の車にお乗せし、先ずはその種類と敷地面積では全道一を誇る岩見沢公園のバラ園にご案内。
明日から1週間は 「岩見沢彩花まつり 」 が始まることになっており、見事に開花した色とりどりの花や香りを愛でにずいぶん大勢の先客達が。
雲の切れ間から青空も広がり始め、大のお花好きの皆さんにはもっとゆっくり心ゆくまで鑑賞させてあげたかったのですが・・・
これから行くレストランは結構人気度が高く、遅く行くと先客が出られるまで待たなくてはならないことがあります。
園内の半分のみを30分ほどかけて巡り切り上げることに。
それでも予想外のバラ鑑賞サプライズに感動し、とても満足してくださいました。

 11時開店のレストランは案の定少し並んではいましたが、落ち着ける席に案内していただけラッキーでした。
各自好きなメイン料理を一品選び、あとはバイキング式。
野菜中心のお料理で品数も多く、デザートやソフトドリンクの種類も沢山。
ゆっくりとくつろぎながら皆さん美味しい美味しいを連発し、お腹いっぱい十分にいただき大満足でした。

 ふっちゃん以外は行ったことが無いということで、栗山町の 「 坂本九思い出記念館 」、夕張市の 「 黄色いハンカチ広場 」へ。
そして帰り道、ご家族へのお土産にウサギやさんに寄って、知る人ぞ知る美味しいシナモンドーナツを買っていただくため立ち寄ろう・・・と。
老夫婦で営んでおられるお店で、メインの通りに面していますが・・・お菓子屋さんには見えない・・・昭和を思わせるレトロなお店で目立たない・・・
今まで何度行っても一度で行けたためしがありません。 
ふっちゃんと二人で目を凝らしてゆっくり車を走らせましたのに通り過ぎてしまい、 「 変だねぇ 」 と今回も又、来た道を逆戻り。
近くにいらっしゃった八百屋さんの店員さんにお聞きしましたら、すぐ近くに見えていますのにシャッターが半分下りているため分かりにくかったようです。

 閉店か?と不安になりながら半開きのシャターをくぐると、ガラスケースの中には羊羹が2本だけで何も無い。
ドーナツも一つも無いけれど、ドーナツを揚げているようないい匂いだけは充満。
「 ドーナツを買いに来たのですが・・・」 と言うと 「 いくつ欲しいの?」 と、おばあちゃんが出てこられました。
明日のために揚げておられたようで、みんな6個入りを2ケース、3ケースと揚げたてホカホカのを買い求めることができました。

 あとはひたすら岩見沢駅へ。
駅舎内にある広々としたセンターホールに行き、荷物整理をしたり、しばらくおしゃべりしたり・・・
こんないい仲間がいることの幸せ、夢のような大満足の一日、元気で居なくては又の機会が得られないこと・・・等々・・・
そして4時半ころ、来た時と同じように改札口から姿が見えなくなるまで手を振って皆さんは車中の人となりました。

 帰宅後の皆さんからお礼のメール・・・
夕張のシナモンドーナツって初めて知った・・・餡も甘すぎなくて程よく、食べたことのない美味しいドーナツ! 
こんなに美味しいのならもっと沢山かってくると良かった・・・ 
帰宅後も感激されていたようです。
ご案内役としては 「良かったー!」 と胸をなでおろしました。

 明日も元気で生きているという保障など無い・・・と、身近な方々の突然の死に幾度か遭遇し思うこのごろです。
一期一会で日々を大切に過ごさなければ・・・
素敵な仲間5人揃って、楽しく心豊かに過ごすことのできた今日の日に感謝。

                   79回展審査終了’16年一大行j終了