支部で食事会

 7月15日(土)、私たちの支部の各サークルが集合し、たまには顔合わせしましょうよということで食事会を実施しました。
今回は趣向を変えて、普段なかなか行くことがない自然豊かな場所・・・ということで

 場所は岩見沢市栗沢町上幌地区の丘陵地帯にある 「 リトルロックヒルズ 」を貸し切って。
そこはバスも通らないところ・・・農道を車で走ると道路沿いに・・・
道路からは敷地の中はあまり見えませんので、おしゃべりなどしているとうっかり見過ごして通過してしまいます。
12ヘクタールという広大な敷地・・・裏手はなだらかな丘がどこまでも広がり、眼下には広くのどかな田園風景。

     
 イギリスから移築されたオーナーの住宅  石の置物やベンチなどもイギリスから  癒される自然の風景にコテージが馴染む

     
 この時期バラが見事で、壁にも這わせている  レストラン : 調度品すべてがイギリスから  クーラーではなく自然の風が通り抜け心地よい


 ここは松藤さんという方が個人でコツコツ作り上げられた場所。
40年以上も前にイギリスに留学され、色々体験・勉強してこられたそうです。
「 住まいと庭は一体である 」 という考え方で、オーナーさん自らがデザインされた住宅、庭、森が広がっています。
建物や家具、調度品などすべてイギリスからの移築、取り寄せとのこと。

 もともとあった木々などをむやみに切ったり整理したりせず、自然の在るがままを生かしそれに私たちが寄り添っていくという感じ。
庭のお花もきちんと整理整頓されたお花畑とは違って、どうぞ自由にお咲きなさい・・・という雰囲気。
気取ったり、おすまししたりせず、自然体が周りの風景にも良くマッチしていて、感動で 「 ウワーッ! 」 と思わず近寄ってしまいます。

 敷地内には何度か訪れたことのある石蔵のカフェ(この建物は岩見沢にあった築120年の石の蔵を移築改装)、コテージ、未来の教会、蛍の茂み等々・・・そして4つの池も点在。
おとぎ話に出てくる森の中のパノラマ・・・絵本の世界のようです。

 この日は岩見沢公園で開催される恒例の野外音楽イベント 「 ジョインアライブ 」 (15日、16日) と重なっていたことが判明。
イベントにはたくさんの有名アーティストたちが出演。
毎年この日を待ち構えて、道内はもとより全国各地から万単位の人たちが来られ、朝から夜まで大変な盛り上がりなのだそうです。
岩見沢市内のホテルでは足りないため近隣市町村や札幌などに泊まる人たち、テントを張って夜を明かす人たちも大勢居られるとのこと。
岩見沢駅からも30分おきにシャトルバスが出るとか。

 そこで困ったのは、岩見沢公園脇を通っていく通常の道路は大渋滞で、利用すると大変なことになるということ。
裏道を聞いたり調べたり・・・分かりずらいので迷わないようにと2度ほど行き方の練習をしました。
車6台に便乗し、それぞれ全員無事到着した際にはホッと。

 早めに到着すると、ちょうどレストランから出てこられたシェフにばったり会い、よろしくとご挨拶すると、「 頑張っておいしい料理作りますからねー。」
お言葉にたがわず、平皿に5〜6種類が品よく盛り合された前菜に始まり、最後のコーヒーにデザートのパンナコッタとヨーグルト&ルバーブジャムに至るまで、本当に美味しくいただきました。
今回ここへ初めて来たという方がほとんどで、岩見沢にこんな素敵なところがあったんだー!
街中の雑踏から離れた異空間で、こんなにゆったりした気分に浸れるなんて、今日は本当にいい日! 幸せ!
などと皆さんとても喜んでおられました。

 最後にオーナーさんに留学されたお話や、入り口のところに見本として置かれていたハサミ類やシャベルなど十数種類あった道具の扱い方など教えていただき、興味深くお聞きしました。

 1週間も真夏日が続き今日も32度でしたが、雨が降らなかったことに感謝・・・とてもいい集いとなりました。

           旬の生うに丼第80回記念展終了