寒気でスッポリ

 全国的に今日はこの冬一番の寒さとなったようです。

 北海道の中ほどにある占冠(しむかっぷ)村では、今シーズンの全国最低気温−29.2℃を記録しました。
この気温は、まつ毛が凍ったり、濡れタオルが30秒程でカチカチに凍ってしまったり、車のエンジンがかからなくなったりします。
ここでは昨年12月27日以来氷点下の気温から脱していないそうですから、同じ道民からみても驚きです。

 岩見沢でも今朝の最低気温は−17℃、最高気温−7℃でこの冬一番。
北海道全域がスッポリと冷凍庫の中状態で、このシバレはまだ数日は続くとのことですから、これからまだまだ記録更新が続いていくはずです。

 星野リゾートトマムに、期間限定でアイスビレッジが昨年12月10日にオープンしています。
氷の滑り台、氷の喫茶店、売店等々もあり、冬の寒さや厳しさを逆手にとって楽しもうというもののようです。
そして更に明日 [氷のホテル」 「氷の教会」 「氷の露天風呂」 がオープンします。

 氷の教会では年間70組もの方が挙式をするそうです。
氷の露天風呂は今年新登場とのことで、テレビで紹介された映像によると・・・
暗闇の中ライトアップされた雪の中の白樺林・・・幻想的な雰囲気の中で星空を見ながらの入浴。
まるで美しい絵葉書のような素晴らしい光景で、紹介者はとても感動しておられました。
でも私は、さすが温泉というような暖かなぬくもりの中でのんびりとくつろげる入浴の方が・・・

 氷のホテル(ワンルーム)には氷のベットや氷のソファー、氷のテーブル・・・すべてが氷製品ですが、ソファーにはムートンの敷物そしてベットには−30℃まで耐えられる寝袋がセットされていますので、泊まるための寒さ対策は大丈夫とのこと。
氷と雪と静寂に包まれた素敵な夜をお過ごしください・・・
お部屋で快適な極寒のホテルライフをお楽しみください・・・とアピールしています。
厳しい寒さは日常的にいやという程体験していますので、いくら珍しもの好きの私でもやっぱり暖炉のあるような温かいホテルの方が・・・

 氷のホテル宿泊をギブアップされた人は今まで居ませんが、もし寒さなどで耐えれれない状態になりましたら電話連絡ですぐ迎えにきたくださるそうです。
ちなみに宿泊は1日1組(2人)限定。 1人20,000円。
まつ毛の凍るような・・・洗いたての髪が凍るような・・・そんな体験をしてみたい方、ぜひお越しください。


                   ’17おめでとうチャレンジスクール