西日本の豪雨

 この度の西日本を中心とする記録的豪雨による被害は、平成の時代に入り最大とのこと。
更に被害は拡大しておりますようで、被害に会われました方々やその地域にお住いの方々に、心からお見舞い申し上げます。

 大勢の方が亡くなられ、まだ安否の分からない方々も居られ、手の施しようのない程破壊されてしまったお住まいなどがテレビに映し出されるたび、当事者の方たちのお辛さを思い心が痛みます。

 3連休を利用してボランティアの方々も駆けつけて活動されておられるようですが、30℃を超え、さらには体温を超えるような猛烈な暑さの中、本当に大変なことと存じます。
駆けつけられない我が身を申し訳なく思い、有難うございますと心で手を合わせております。

 天気予報での数十年に一度・・・とか、いまだ経験したことのないような・・・などという言葉は数年前までは本当にすごいことなんだと緊張して聞いておりましたが、今はだんだん聞きなれた言葉になってきて、これは何とも恐ろしいこと・・・と、自分を戒めております。
「想定外」のことが次々と起こって、どこまで想定すればいいのかが難しくなり、近年の地球は想像以上に狂っているようで怖いです。

 私たち自身も普段から災害に備えいろいろ対策や準備は必要ですが、いざという時できるだけ他人に迷惑をかけなくて済むように、自分自身の体を甘やかさないで鍛える努力をしておくことは大切だと思います。
健康体であるにも関わらず、歩くのは面倒だから・・・とすぐ車を利用したり、階段はきついから・・・とエレベーターを利用したり・・・
楽をすればその分自分の体に帰ってくる事を意識する暮らしは大切ではないでしょうか。

 雨露をしのげる屋根の下で、手足を伸ばしてゆっくり休め、たっぷりの湯につかることができる日常の暮らしの、何と有難く幸せなことか・・・と思い感謝の日々です。

     

                             審査終える大公園隣接