癒しの空間 長沼町

 サークルがお休みなので、仲間と素敵なカフェに出かけました。
この日の朝は今季一番の冷え込み。
数日前から雪虫がフワリフワリとあちこちで儚げに飛んでいましたので、そろそろ初雪が降ってもおかしくない時期・・・と思われます。

 目的地は長沼町にある 「 インカルシ 」 というカフェで、お邪魔したのは今回で2回目・・・とってもお気に入りの所です。
インカルシとはアイヌ語で 「 見晴らしの良いところ 」 という意味。
その名の通り、美しい田園風景が広がる丘の上にあり、ランチやお茶を楽しめるこじんまりとしたカフェです。
物静かで品の良い奥様がおひとりでなさっておられるので、十数名分ほどしか椅子の数がありません。

 
 外 観 素敵な薪ストーブ 
 
 
遮るものの何もない窓からは大パノラマの景色 インカルシ・・・アイヌ語で見晴らしの良いところの意


 初めて来たのは昨年で、なかなかたどり着けず大変でした。
ナビを頼りに車で来ましたが、畑ばかりの何もないところで 「 目的地に到着しました 」 と。 ?!?!?
エーッ、このナビ馬鹿じゃないのー・・・と。

 お店でそのことを話しましたら、ナビに住所を入れても、ここは農村地帯でその住所の範囲がとても広いため・・・とのことでした。
結構そんな来訪者が多いそうで、問い合わせでかかってきた電話で周りの様子などを教えてもらい私がナビをつとめるんですよ・・・と店主が話してくださいました。

 店内に入り先ず目に入るのはお洒落で素敵な赤い薪ストーブ。
今朝は窓から見える遠くの連山・・・樽前山や手稲山等々・・・その正面にある余市岳山頂が雪で白かったそう。
とても冷えたので今季初めてストーブに火を入れたとのこと。

 自家焙煎のコーヒーや自家製パンも美味しいのですが、私たちはピザとコーヒーを。
薄めのピザ生地にチーズや地元長沼産の野菜が彩よくのって、トマト風味が爽やかに広がりとっても美味しく癖になりそう。 

 紅葉が大分進み晩秋の風景でしたが、四季折々それぞれ違った風景が楽しめそうです。
のんびりと窓からの大パノラマの景色と、薪ストーブの優しい暖かさに癒され、心豊かなひと時を過ごすことができました。

               あれから1か月遅い初雪