うたごえ祭典 

 芸術の秋の先頭を切るように、「2013北海道のうたごえ祭典inいわみざわ」が二日間にわたり、まなみーる岩見沢市民会館において開催されました。 
  
 この街から平和・命・夢・希望を歌う・・・がテーマで、一日目は合唱発表会。
岩見沢市近辺のみならず、室蘭、苫小牧、函館、旭川、釧路などと遠方からもたくさんのコーラスグループの参加があったようです。
 

 二日目は大音楽会で、私はこちらの方にだけ行って来ました。
岩見沢市内のいくつかのコーラスグループが一緒になっての「交響詩岩見沢」の大合唱に始まり、子供たちのキッズダンスや幼稚園児と母親とたちによる合唱、ゲストのテノール歌手、ソプラノ歌手によるカンツォーネやオペラの二重唱。
マリンバ演奏、全道各地の男性合唱団、女性合唱団、混声合唱団による合唱。
最後には出演合唱団全員による大合唱・・・等々多種多様な内容で、まさに大音楽祭でした。

 今年は、うたごえ運動がその産声をあげて65年目、また運動の創始者である関鑑子さん没40年という節目の年でもあるのだとか。
それを記念した「日本のうたごえ祭典」が、11月2日から3日間大阪において開かれるとのこと。
その初日が大阪城ホールでの1万人音楽大会で、今回のこの祭典の舞台から大阪城ホールの舞台へと、平和の力・生きる力となる音楽を繋げる・・・ということになるようです。

 友人に誘われ行ってみた・・・というだけでしたが、こんなに素晴らしいものだったとは認識不足で申し訳ない気持ちになりました。
久しぶりに心豊かに、充実した時間を過ごせた・・・と、余韻を楽しんでいます。

 来年の「北海道うたごえ祭典」は室蘭が会場とのこと。


              ランドセルマガン飛来