いわなび

       
 各階の廊下は贅沢なほどゆとりがとられ、それぞれ異なった雰囲気。椅子が設置されているので、疲れたら一息つきにちょっと廊下へ・・・。
これらのスペースの他にも階毎に休憩コーナーがあって、ガラス張りのところが多いので明るくまるでホテルのような雰囲気。

 40年間にわたり、市民、婦人の文化活動の拠点として利用されてきた「空知婦人会館」「働く日人の家」「勤労青少年ホーム」・・・名称は別々ですが、館内は合体していて仕切りもありません・・・が、老朽化や狭小により3月16日で幕をおろしました。
 文化、スポーツなどの趣味の団体に親しまれて開館以来286万人に利用されてきました。
年々利用者が減少傾向にありましたそうで、「各サークルの会員の高齢化」が最大の原因のようですが、ほかに、市内に文化教室やスポーツを楽しめるところが増えてきたことも挙げられます。

 私のペン字サークルも会員の高齢化が進み、エレベーターが無いので階段を上るのが大変・・・いつまで通えるか・・・と言う声を良く耳にしました。
新しい施設で学べるのを楽しみに、健康に気を付けて頑張りましょうね・・・が、合言葉でした。
それでも、この施設を常時利用している団体は153を数えていて、市内の公共施設では断トツ利用度が高かったとのことです。
町の比較的中心部に位置して、利用料金の安さが最大の魅力だったと思います。
 
 子供から高齢者まで幅の広い世代間交流をも視野に入れた生涯学習活動の拠点として、このたび「岩見沢市生涯学習センター」(愛称いわなび)が完成し、4月1日オープンいたしました。
場所は4条西1丁目・・・4条通り商店街に面し、JR岩見沢駅から徒歩10分ほどで町の中心部に近く便利なところです。

 建物は5階建て。 ガラス張りが多くとても明るく、広々とした贅沢な空間が広がり、まるでホテルと間違えるほどです。
おもに4つの大きなスペースに分かれていて、
   
    ・ 障害学習スペース ・・・ 料理講習室  音楽室  和室  研修室及び会議室
    ・ 子育て支援室 ・・・ 親子学習室  授乳室
    ・ 運動・健康増進スペース ・・・ アリーナ  武道場  軽運動場  
    ・ 子供実験・工作スペース ・・・実習室

 人数や目的に合わせて色々な広さの部屋があり、設備も整っていて、とても利用しやすいようです。
1週目はプレオープンで施設が無料開放されています。
「 いわなび内覧ツアー 」 と称して1日3回20分程度、館スタッフの案内や説明などもなされています。
今日は新会場で初めてのペン字サークル日でしたが、我がサークルだけでなく他の会の方々も、皆さん自分の行くべきところに迷っておられました。

 街なかの人の流れも少し変わると思います。
岩見沢の活性化に繋がりますよう願っています。


                   春よ来い八十八夜